飲食店のロボットについて調べてみた。

未分類

外食産業ではいま、人手不足だと言われています。ですが、レストラン サービス ロボットを導入することによって、人を使わずロボットを活用できます。

個人的にはまだ見たことがないので、田舎でも普及しほしいですね!

機能

Luckiは様々なモードが内蔵しており、お店の外での集客、看板メニューのプレゼン、店内での自動配膳、自動テーブル案内などついています。

これで、人件費を削減することによって利益を上げることが可能になります。

どのようなレストランにあっているか

通路の最小限幅は75cmで、店舗面積は100平方メートル以上の店があっています。

焼肉レストラン、居酒屋、ラーメン屋やファミリーレストランなどでもこのロボットが使用されています。

値段

オリオンスター社の配膳ロボットの値段はお問い合わせをしないとわかりません。

なので、下のリンクからお問い合わせをしてください。

Contact Us - ORION STAR
Contact Us

どのように集客しているか

LuckiはAi音声機能を通して、自ら、店外のお客様に声をかけ、また自動的に店外で看板メニューのアナウンス宣伝を行います、飲食店の集客力アップに貢献すると図れます。

効率

ワンタッチで配送開始し、4つのトレーで最大積み重量は40Kgで、1回の巡航は4つのテーブルに回せます、1回の充電で8-10時間使用できます。

まとめ

1回の充電で8~10時間使えるのが一番のメリットですね!

このロボットを使えば人手不足にも困らないこと間違いなしです!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました